シロアリは一度駆除しても、薬剤の効果が薄れてくるとまたやってくることがあります。
そのため、一度駆除したとしても、その後の定期的なケアが欠かせません。

シロアリ駆除のアフターケア内容や、注意するべき点について取り上げます。

アフターケアの主な内容

多くのシロアリ駆除業者では、施工時に保証書を作成し、以後数年間はアフターケアの保証をしてくれます。
床下に薬剤を散布する「バリア工法」の場合、保証期間は5年間程度であることが多いようです。
この期間内で定期的に床下を点検して、もしシロアリが再発していれば、無料で再施工してくれます。

施工後毎年1回の点検をする業者もあれば、3年目と5年目のみ点検する業者など、頻度には違いがあります。
施工した箇所のみを点検する業者もありますが、特に丁寧な業者の場合は、施工箇所以外にも家屋の外周や、雨漏りが見られる箇所、環境の変化で生息が疑われる場所も点検しています。
この場合にも無料で施工してくれるため、とても安心できるアフターケアサービスと言えるでしょう。

シロアリは木製の家具(特に輸入木材使用)などに付いた状態で家の中へ持ち込まれることもあります。
また、地中からだけでなく、羽アリとなってベランダや窓から侵入し、家の中から侵食し始めることもあり得ます。
一度駆除しても、絶対に再侵入されない保証はありません。
シロアリ駆除の薬剤は5年程度は効果が持続するので、アフターケアなど不要、と主張する業者もいます。
このような場合は、5年以内にまたシロアリが発生してしまった場合の駆除費用は自己負担です。

シロアリ駆除を行なう際は、出来るだけ充実したアフターケアサービスを提供している業者を注意深く選ぶべきでしょう。

シロアリ駆除の契約前に注意するべき点

契約前には、金額の安さだけでなく様々な点を注意深く検討しなければなりません。
例えば、次のような点です。

  1. 1.依頼しようとしている業者は保証を付けているか
  2. 2.保証年数は何年か
  3. 3.保証内容は充実しているか(定期点検の回数や間隔、点検範囲など)
  4. 4.保証書を発行しているか

施工方法によるものの、前述のように多くの場合は5年の保証になります。
しかし業者によって保証内容が異なるため、数社を候補に挙げ、内容をよく比較検討するべきです。
また、こちらの質問や気がかりな点をはぐらかしたりせず、しっかり丁寧に説明してくれる、真摯な対応の業者を選びましょう。
また、当然のことですが、保証期間内は保証書を大切に保管しておきましょう。

アフターケアが受けられないケース

せっかくアフターケアが充実した業者で駆除施工しても、ちょっとしたことで保証が受けられなくなってしまうことがあります。
以下のような場合は、保証対象外となってしまうので注意しましょう。

1.施工した業者へ連絡せずに、住宅の増築や改築などの工事を行なってしまった場合

増改築を生活環境の変化や家族構成の変化で行うこともあるでしょう。
アフターケアの注意事項や保証書にも記載のある点ですが、うっかり連絡を忘れてしまうと保証が受けられなくなってしまいます。
増改築時は、決定した時点で早めに施工業者へ連絡を入れましょう。

2.自分で薬剤を散布したり、別の業者へシロアリ駆除を依頼したりすることで、新たに薬剤の散布が行なわれた場合

念には念を入れようと思って、自分で市販のシロアリ駆除剤を撒いてしまうことがあるかもしれません。
また、施工済みであることを知らない家族が別の業者を呼んでしまうこともあり得ます。
保証を受けるためには、保証をした施工業者が施工した状態が保たれていなければなりません。
この点も注意しましょう。

3.水漏れなどの住宅の欠陥がシロアリ発生の原因となった場合

水漏れによって湿気が多い環境が出来上がると、シロアリを寄せ付けることになり得ます。
普段から水回りの定期点検を行うと共に、大きい地震や台風の後などは、配管に損傷がないかを確認しましょう。

まとめ

本当に優良な業者は「駆除したら終わり」という姿勢ではなく、しっかりとしたアフターケアをしてくれます。

もし以前の担当業者が不十分なアフターケアしか行っていなかったなら、次は別の業者への依頼を検討しましょう。
駆除費用だけでなく、アフターケアの質をよく考慮して業者を選ぶ方が賢明です。