ハチによる被害を防ぐためには、まず身の回りに巣を作らせないことが重要です。
ハチを駆除する場合、実はできてしまった巣を取り除くよりも巣ができるのを予防するほうが簡単です。
巣ができて大量のハチが発生する前に、まず先手を打っておきましょう。

ここでは、ハチの巣ができるのを防止するための対策や実施のタイミングなどについて紹介します。

駆除よりも簡単!ハチの巣は予防できる

ハチの巣というと「いつの間にかできてしまっているもの」という印象を持つ人もいるかもしれません。
しかし、実はハチの巣はある程度の予防が可能なものです。
人間側が適切な時期に適切な対策を行えば、あらかじめ巣が身近な場所にできるのを阻止できます。
活動シーズンや巣を作るのに好む条件といったハチの習性をうまく利用して、ハチの巣ができるのを予防しましょう。
できてしまったものを駆除するよりも、ずっと簡単にハチ対策ができますよ。

ハチの活動シーズンは春から秋の終わりにかけてです。
女王蜂は冬眠が終わったあと、4月から5月にかけて巣作りを始める性質があります。
この時期の女王蜂は単独行動をしており、しかも冬眠明けで弱っているので性質もおとなしいのが特徴です。
ハチの巣を予防するならこの時期に対策を始めるのがおすすめです。
巣ができてしまってから駆除するよりも、楽にハチを撃退することができます。

6~7月に入ると働き蜂が誕生し、ハチたちの攻撃性が高まって駆除の難易度が上がってしまいます。
ハチの巣を予防するためには、女王が単独行動をしている間に、巣を作らせないようにすることが重要なのです。

そこで、女王蜂が巣作りを始める時期になったら、ハチが巣を作らないように住宅周りの環境を整える必要があります。
また、女王蜂一匹の段階で駆除してしまい、子孫を作らせないという対策も考えられます。

ハチの巣

ハチの巣ができやすい場所はこまめにチェック

ハチは雨や風がしのぎやすく、居心地のよいところに巣を作ろうとします。
その条件を満たせる場所ならどこにでも巣を作ってしまうので、ベランダや屋根裏、庭など、どの場所に巣ができてしまってもおかしくはありません。
春になったら定期的に家の周りに巣ができていないかどうかをチェックし、巣の早期発見に努めましょう。
巣が大きくなると駆除が難しくなるため、早期発見・早期駆除が大切です。

また、こまめに家の周囲を見回るのはもちろん、ハチにとって居心地の悪い環境を作り、巣を作らせないようにすることも効果的です。
ハチは風通しのよい開放的な場所や雨が入ってきてしまうような場所には巣を作りません。
逆に、軒下や屋根裏、木の下といった悪天候に強そうな場所を好みます。
そのため、ハチに巣を作らせないためには、屋根裏や床下の隙間はハチが侵入できないようにふさぐ、戸袋や物置はまめに開け閉めをする、春先には庭の植物を剪定しハチが雨宿りできないようにするといった対策で、ハチが嫌がるような環境を作ることが必要になってきます。

また、水があるとハチが寄ってきてしまうので、ベランダや家の周りにペットの水入れなどを放置しないことも大切です。
さらに、果物や花の香りもハチを引き寄せるので、香りの強い洗剤や柔軟剤を使用した洗濯物にも注意が必要です。
家の周囲に果物や甘いジュースを放置しておくのも避けましょう。

女王蜂を撃退する便利グッズ

ハチの巣を作らせないための便利グッズもあります。
まず、ハチの巣予防に効果的なのが市販のハチ用駆除スプレーです。
市販のハチ用駆除スプレーのなかにはハチの駆除だけではなく、巣作り予防に使えるものもあります。
ハチの巣ができやすい場所にあらかじめハチの巣予防スプレーを噴射しておくと、ハチが近寄らなくなるため巣が作られるのを予防できます。
春になったら定期的にスプレーをまいておくとよいでしょう。
特に、ハチは毎年同じ場所に巣を作る性質があるので、以前ハチの巣があった場所にスプレーしておくと同じところに巣ができるのを予防できます。

また、単独行動中の女王蜂を狙った手作りトラップで、女王蜂を捕まえてしまうのもおすすめの対策です。
女王蜂がいなくなればハチが巣を作ることもなくなります。
この手作りトラップは液状の誘引剤と空のペットボトルを使って簡単に自作できます。

実際のトラップの作り方の例を紹介します。
まず、女王蜂をおびき寄せるために誘引剤を準備します。
基本の誘引剤のレシピは酒300ml、酢100ml、砂糖125gを混ぜ合わせたものです。
そのほかにも、甘いジュースと日本酒、酢をブレンドしたもの、焼酎とはちみつ、ドライイースト、水など、さまざまな組み合わせの誘引剤があります。
ハチの反応を見ながら試していくとよいでしょう。

次に、ハチを捕まえるための仕かけを作ります。1~2リットルサイズのペットボトルを用意し、上のほうに2cm角の正方形を4つ書きます。
このとき、全体がHの字に見えるように正方形の真ん中にもまっすぐ横線を引いておきます。
目印を付けたら、Hの字の縦線、および真ん中の横線にカッターで切り込みを入れ、上の部分を外側、下の部分を内側に折り曲げます。

最後に、ペットボトルのキャップを開け、誘引剤をペットボトルの底から6~7cmの高さになるところまで注ぎます。
蓋を硬くしめたら、完成したトラップをペットボトルの首の部分に紐をつけて直射日光にあたらない場所に吊り下げます。
建物に近すぎるとハチが捕獲できないので、庭の樹木など家の周囲にある木陰に仕かけるのがおすすめです。
また、普段人がよく通ったり、作業していたりする場所に設置するのは避けたほうがよいでしょう。"

まとめ

ハチの巣対策は春が肝心です。
この時期に予防策を打っておけばハチの発生を未然に抑えられる可能性が高くなります。

ただし、ハチは住宅地にも平気で巣を作る生き物ですので、油断は禁物です。
予防策をしっかり講じていても巣ができてしまうことはありえます。
もし巣ができてしまったら早めに専門の業者へ駆除を依頼し、実際に被害が発生するのを事前に防ぎましょう。