ハイキングや森林浴などを楽しむ人が増えてくると、なぜか自分だけ蜂が寄ってくると感じる人がいます。家の中に頻繁に蜂が入ってきて困っている人もいるでしょう。

ここでは、蜂が寄ってきてしまう原因、蜂を寄せ付けない対策を紹介していきます。また、蜂が寄ってきてしまった場合の危機回避方法についても説明しています。

蜂を刺激しないようにする方法

なぜか蜂が寄ってきて困るという人は、蜂を警戒させる行動を意識せずとっているのかもしれません。
たとえば、蜂が寄ってきたとき、大きな声を出して追い払おうとしたり、蜂が怖いために叫び声をあげたりしていませんか。
蜂は物音に非常に敏感です。そのため、人間が大きな声を出せば出すほど攻撃的になり、さらに寄ってくる蜂の数が多くなってしまいます。

また、蜂が寄ってくるからといって、むやみに手で振り払おうとしたり、殺虫剤をかけたりするのも危険な行動です。蜂は攻撃されていると判断すれば攻撃し返す習性をもっているため、振り払おうとすればするほど危険性が増してしまいます。
蜂が近づいたときは落ち着いて行動するように心掛けましょう。

何もしていないのに蜂が寄ってくる場合は、服装や自分の匂いが原因かもしれません。
たとえば、蜂は黒色の物を見ると興奮して襲ってくる習性をもっています。黒い服装を着る機会が多いという人は注意しましょう。
また、蜂は匂いにも敏感に反応するため、香水なども嗅覚の鋭い蜂を刺激する場合があります。

他にも、シャンプーや整髪料、 デオドラントスプレーなど、匂いが強いものは蜂を引き寄せる原因になり得ます。
蜂が寄ってくることが多いと感じる人は普段の服装や匂いで寄せ付けていないか振り返ってみましょう。

蜂の威嚇行動とは

蜂が寄ってきた場合にする威嚇行動についても知っておきましょう。凶暴なスズメバチといえども、人間を攻撃する場合にはいくつかの手順を踏んでいます。蜂の威嚇行動を知ることで、未然に危険を避けることもできるのです。

蜂が寄ってきたときに人間が手を振るなどで威嚇しても、蜂が逃げて行かないことがあります。この場合、すでに威嚇行動の第1段階が始まっているでしょう。
蜂が逃げて行かない場合は、人間を敵として認識したためと考えられます。第2段階として、羽音を大きくして威嚇したり、アゴを鳴らしたりし始めます。

ただし、これに人間が気づくのはなかなか難しいです。わかりやすいのは、常に人間の方を向き、1箇所に停止するようになったときです。集団で蜂が寄ってくる場合においても、集団が1箇所に固まるようになります。
こうなれば、いつ攻撃を開始されてもおかしくない状態であり、ただちに逃げた方が安全です。
また、威嚇行動をしている蜂を攻撃するのはとても危険です。少数の蜂であったとしても、仕留め損ねると仲間を呼ばれてしまうことにもなりかねません。

蜂のテリトリーに足を踏み入れてしまうなどで蜂が寄ってきた場合には、これらの威嚇行動を観察するようにしましょう。とくに、春~秋のススズバチの活動が活発なシーズンや、ミツバチの活動が活発となる秋~冬などは危険です。
蜂が寄ってきたら静かに立ち去るのが最も安全ですが、蜂の威嚇行動を観察しながら立ち去ることよりリスクを低くできます。

蜂の習性をよく知っている人の場合、逃げる場合でも蜂から目を離さず、威嚇行動を観察しながらゆっくりと後ずさる方法をとります。逃げる行動をとるにしても蜂を驚かせないように穏便に済ませる必要があることに注意しましょう。

家の中に蜂が入ってくる場合の原因は?

家の中に頻繁に蜂が入ってくる場合は、窓や玄関の隙間から蜂が侵入している可能性が高いです。網戸などの対策を行っている場合でも、破れた箇所があれば蜂は侵入してしまうため、箇所がないかチェックしましょう。

また、よくあるのが洗濯物や布団を干す際に窓を開けたままにしてしまうことです。蜂の種類にもよりますが、甘い蜜を探しに飛んできた蜂が庭にいることが多く、これらの蜂が開けたままの窓から入ってしまうのがよくあるケースです。

また、もう一つの原因は家の照明です。虫は明るいところに集まる習性をもっていますが、蜂も例外ではありません。もし、近くに蜂の巣がある場合などはとても危険なので注意が必要です。
蜂は昼行性なので、夕方や夜間に明かりに引き寄せられることは少ないです。しかし、日中においても場所によっては家の中のほうが明るくなるため、このような場所が蜂の侵入口になる可能性があります。

また、家の中に甘いお菓子や飲み物を置いていることも、蜂が入ってくる原因となるでしょう。蜂は甘いものに群がる習性を持っています。いずれにしても、家の中に頻繁に蜂が入っているなら、近くに蜂の巣があるかもしれません。
一般の人が蜂の巣を探すのは難しいうえに危険をともなう行為です。この場合は、プロの業者に相談してみるのが最もよい方法だといえます。

まとめ

蜂が寄ってくる原因はさまざまです。蜂を刺激する行動をしている場合や、身に着けている服や香水が原因の場合もあります。思い当たる点があれば改善しましょう。

もし、蜂が寄ってきた場合は静かに逃げるのが基本です。この際、蜂の威嚇行動を知っておくことにより、危険を回避できます。
また、頻繁に蜂が家に侵入する場合には近くに巣があることも考えられるため、プロの業者に調査を依頼しましょう。