スズメバチはハチの中でも最も恐ろしいものの一種として知られています。
スズメバチの巣が生活範囲にできてしまったら、そのまま放置しておくわけにはいきません。
放っておくと巣がどんどん大きくなったりハチの数が増えたりと、予想される被害が後々大きくなってしまう可能性があるからです。
スズメバチは早急に駆除するのが一番ですが、中には駆除業者に頼むのではなく自力でなんとかできないかと考える人もいるでしょう。
そこで今回は、スズメバチ駆除は殺虫剤を使って自力で行えるのか、行える場合どのような殺虫剤がおすすめかを解説していきます。

スズメバチの駆除は基本的に自力では難しい

ハチの駆除は条件がそろえば殺虫剤で駆除できなくもありません。
もちろん100%安全とはいえないため、少しでも不安があるのなら駆除業者に依頼してください。

自力駆除が可能な条件としては、巣が大きくないこと、駆除しやすい場所にあることが挙げられます。

また、ハチの駆除経験がない人でも安全に行えるかどうかはハチの種類にもよります。
ミツバチの巣であればそれほど難なく駆除することができますが、スズメバチだとかなり危険性が高くなります。
特にスズメバチの場合、巣が15センチ以上にもなるとハチの数も多くなり、駆除の際のリスクが上がります。

基本的にスズメバチの自力での駆除は危険性がかなり高いということを覚えておいてください。

駆除の難しいスズメバチの巣

それでも自力駆除をしたいなら知っておきたい安全策

スズメバチの自力駆除のリスクを知りながらもなおかつ自分で退治したいなら、安全を最優先に考えて駆除を行う必要があります。

まず、全身を防護服で覆い身の安全を確保します。首筋などに隙間ができないようタオルなどを巻いて肌を隠してください。

駆除はハチが活動を行わなくなる日没の2~3時間後が最適です。
日没後2~3時間も経つと辺りは暗闇であることが多いので懐中電灯を使用することになりますが、スズメバチには光に向かって飛んでくる習性があります。
そのため、スズメバチを刺激しないように懐中電灯には赤いセロハンを貼って光を赤くするなどの工夫をしてください。

殺虫剤によってハチがほとんどいなくなったら棒などを使って巣を落とし、巣はゴミ袋に入れて燃えるゴミとして処分します。
その際には、巣の中にまだいたり地面に落ちたりしたハチには触らないでください。
生きている可能性もありますし、死んでいるハチでも死後1日程度は針がまだ動くため刺される可能性があります。

巣をゴミ袋に入れて袋の口を縛った後もまだハチの羽音がするという場合には、懐中電灯のセロハンを剥がして地面に置き、わざと懐中電灯周辺にスズメバチを集まらせましょう。
ハチが集まったところで殺虫剤をかければ、残りのハチも退治できます。

殺虫剤は飛距離が長く狙いが定めやすいものを選ぼう

殺虫剤といっても、蚊用やゴキブリ用などさまざまあります。

スズメバチを殺虫剤で駆除する際には、必ずスズメバチ用のものを使ってください。市販されている殺虫剤の中にはハチ駆除のプロも使用する強力なタイプもあります。プロも使うものは値段が高い傾向にありますが、安全には代えられません。

自力駆除をする際に選んでおきたい殺虫剤のタイプはジェットスプレー式のものです。特にガンタイプは狙いを定めやすく、スズメバチの巣に的確に命中させられる確率が高いのでおすすめです。駆除中ハチに刺される原因で多いのが巣に近づきすぎたというケースです。できるだけ巣に近づかないよう、殺虫剤は飛距離が長いタイプのものを選んでください。

やっぱり自力駆除が難しいときは専門家へ依頼しよう

毎年のようにスズメバチによる被害がニュースになるほどスズメバチは凶暴なので、駆除するのは大変厄介です。
駆除業者へ依頼するとお金がかかりますが、自力での駆除でも防護服一式を揃えたり殺虫剤を購入したりと、何かと費用がかかります。

また、自力での駆除では失敗する可能性もあることを留意しておいてください。
駆除に失敗した場合にはスズメバチによる反撃があったり、結局駆除業者へ依頼することになりお金がかかったりと、何かとリスクが伴います。

家にスズメバチの巣ができて駆除を試みるも失敗した場合、自分だけではなく家族や近所の方も被害に遭う可能性があるので要注意です。

殺虫剤を使用しての自力駆除は常に高い危険性が付いて回ることを理解しておく必要があります。

まとめ

スズメバチの駆除には高い危険性があるものの、巣がまだ小さくハチの数も少ない段階では自力で駆除することも不可能ではありません。
しかし、巣がある程度大きかったりスプレーが届きにくい場所にあったりする場合には、自分たちでの駆除は難しいといえるでしょう。

スズメバチの駆除は失敗した場合のリスクが大きいため、少しでも駆除に不安を感じるなら専門家へ依頼することをおすすめします。
スズメバチはハチの中でもとても攻撃的な種です。

自力で駆除する場合は、刺されないための対策を十分にし、適切な殺虫剤を選んで、安全を最優先に考えながら行動してください。